So-net無料ブログ作成

スーツの豆知識(第5話)【スーツの印象を決めるのは"カット"】

皆さんこんばんは!
bianco Brioni(ビアンコブリオーニ)専門店"Brioni Maestro" 店長の内海です。


スーツ豆知識 第5話、今回は、スーツの"カット"についてご紹介したいと思います。

同じような色、襟、丈のスーツでも、
「なんかあの人のスーツ印象が違う」などと感じたことはございませんか?

それは、スーツのカットが違うからという場合が多いです。
カットは、好みのスーツを選ぶ際の大きなポイントでもありますので、覚えておくと役に立つかと思います。


スポンサーリンク





スーツの"カット"とは?


まずはじめに、スーツのカットとは、前身頃から見たときの合わせ部分の形を指します。

スーツのカットには実は様々あり、ここの形状が印象を大きく変えますので、
ぜひ、スーツ選びの参考にしてくださいね。



【1.レギュラーカット】
regular.jpg

まずはじめはレギュラーカット。スーツの定番とも言えるカットです。
多くのスーツが、このレギュラーカットで仕立てられています。



【2.ラウンドカット】
round_cut.jpg

レギュラーカットに比べて、大きく円を描いてカットされた仕立てになります。
カットが大きい分、レギュラーカットよりフォーマル感が際立つカット方法です。



【3.カッタウェイ】
cut_away.jpg

ラウンドカットより、さらに大きくカットした仕立てになります。
腰の高さから斜めに丸くカットされたスタイルは、
モーニングスーツに多く採用されるカット方法です。

乗馬をする際に着用できるよう、前身頃がキツくならないよう、
大きく切り開いたことがカッタウェイスタイルの起源と言われています。



【4.スクエアカット】
square.jpg

これまでの3つのカットとは異なり、丸みを持たせないカット仕立てになります。
合わせ部分が多くなるダブルスーツで多く用いられますが、
レジャー用など、カジュアルな場面で使うジャケットに、このカットを選ばれるお客様も多いです。




あなたはいくつわかりますか?


では、ここでスーツのカットクイズです!!


下の写真のカットはそれぞれ、何という名前のカット仕立てでしょうか?

【1】
1.jpg


【2】
2.jpg


【3】
3.jpg


【4】
4.jpg








バッチリ分かりましたか??
それでは正解の発表です。








正解は、

【1】ラウンドカット

【2】スクエアカット

【3】カッタウェイ

【4】レギュラーカット


でした。


特にオーダーメイドでスーツを作る際には、こういったカット仕立てにも
こだわりを入れると、さらに愛着のある1着が出来上がるを思いますので
ぜひ参考にしてみてください。

例えば、最近のスーツは、タイトなシルエットが多くなってきました。
カッタウェイスタイルは、主にモーニングスーツと申し上げましたが、
乗馬をしやすいように、といった起源の通り、前の生地が少なくなる分、
窮屈感がなくなり動きやすくなります。

ですので、モーニングスーツに限らず、
タイトスーツ×カッタウェイスタイルで、動きやすさとスタイリッシュを兼ね備えたスリムスーツ

といった仕立ても可能になります。


オーダーメイドで作る際には、是非あなただけのお気に入り×こだわりポイントを入れてみてくださいね。






【他にもスーツの豆知識、マナーについて紹介をしています】
bianco Brioni(ビアンコブリオーニ)専門店オーナーのブログ トップページ




biancoBrioni専門店~Brioni Maestro~
ショップURL: http://www.shop-online.jp/biancobrioni/

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。