So-net無料ブログ作成
検索選択

スーツの豆知識(第1話)【スーツの袖ボタンの由来】 [スーツの豆知識]

皆さんこんにちは!
bianco Brioni(ビアンコブリオーニ)専門店"Brioni Maestro" 店長の内海です。


本日は、スーツに関する豆知識についてご紹介していきたいと思います。


第1話の今回のテーマは↓こちら↓
button1.jpg


スーツジャケットの袖にあるボタンです。

この袖ボタン、全くと言っていいほど機能しないし3つも4つも付いてて、一体なに?と思う方もいらっしゃるかもしれません。(そもそも縫い付けてあってボタン外せないし...)

その感覚はまさにその通りで、現在ではほぼ"飾り"です。


しかし、この袖ボタン、その誕生の起源をたどると様々な狙いや歴史があるんです。

現在のスーツも、機能的には必要ないんだけど、その歴史を受け継いでいる部分がたくさんあります。

そのポイントを知っておくと、お持ちのスーツに愛着が湧くと思うので、ぜひ知ってくださいね。


スポンサーリンク





ボタンをつけたのは、あの"ナポレオン"だった?



スーツの袖ボタン、一番はじめにつけたのは、あのフランスの皇帝"ナポレオン"だと言われています。
napoleon.jpg

(さすがはナポレオン、見た目にも気を使ったということか...)
(イケメンだし、オシャレだもんな。カリスマ性が強すぎて、あの帽子の大盛り感は真似できないわ...)


と、おしゃれに気を使ってのことかと私も思いましたが、実は袖ボタンを付けたのには別の狙いがあったのです。

それは、フランス軍がロシアへの侵略を図る際、軍隊を引き連れ厳寒の山中を越える必要があったそうで、道中、隊員は寒さで垂れる鼻水をジャケットの袖で拭きながら、懸命に歩を進めていたそうです。


おかけで袖は鼻水まみれ...


これに見かねたナポレオンは隊員たちが袖で鼻を拭えないよう、ボタンをつけて対処したという一説があります。

相手国を侵略する際、自分たちを見た目で威圧してさも強そうに見せ、相手の戦意を喪失させるという、戦略・作戦が実際にあったそうです。


それが、鼻を垂らしながら袖を鼻水まみれにして現れようものなら...


『あれっ、こいつらなら勝てんじゃね?』
『これ、8割がた体調やっちゃってるっしょ』


などと、実力を低く見積もられ、相手を勢いづかせてしまう危険性をナポレオンが汲んで、対処したのでしょうか。こういった由来ならば、付け外しの機能もいらないし、それが現在のスーツにも引き継がれ、ボタンが外せないのも頷けるような気がいたします。


しかし!


袖ボタン、外せるバージョンのスーツも存在したのです。


スポンサーリンク





ボタン外せるバージョンの"本切羽スーツ"とは


スーツの袖ボタンは、極寒の地で鼻水を袖で拭けないよう、ナポレオンが取り付けたものが由来になっている。
だから、付け外しの機能は必要なく、そのモデルが現在のスーツにも引き継がれている。

というお話をしてきました。


しかし、あるんです!(むむっ(゜д゜)!!)


袖ボタン外せるバージョンのスーツが。

そして、そのタイプのスーツにも、きちんとその由来や意図がありました。
honseppa.jpg


このような、ボタンを付け外しできるスーツの仕立てを『本切羽仕立て』と言います。


そして、本切羽仕立てを別名、『ドクタースタイル』と呼ばれています。そして、ドクタースタイルの起源はヨーロッパと言われています。

昔から、スーツを着る際にはシャツは下着、ジャケットは上着という認識です。
そして、その意識は日本よりヨーロッパで遥かに強い。
だから、ヨーロッパの方はジャケットを脱がないんです。

ヨーロッパで誕生した袖ボタンを外せるタイプをドクタースタイルと呼び、ヨーロッパの人はジャケットを脱がない...

ここまでお話をすると、勘のいい方は答えがわかったかもしれませんね。


お医者さんが患者さんを治療する際に、ジャケットの袖が邪魔になってしまう。
でも、ジャケットを人前で脱ぐのは失礼にあたる。

これを解決するため、袖先を緩めてまくれるようにしたのが、このドクタースタイルの始まりと言われております。

現在では、この本切羽仕立てのスーツでボタンをあえて1,2つ外し、袖口からシャツのカフスが見えるような着こなしに使用する方もいらっしゃいます。

割とかんたんに、しかも上級者レベルのスーツの着こなしの1つですので、本切羽仕立てのスーツをお持ちの方は、ぜひ試してみてくださいね。


以上、スーツの袖ボタンの豆知識でした。


次回は、ネクタイの"色"について、相手に与える印象などをお伝えしたいと思います。
楽しみにしててくださいね✩



【こちらの記事も人気です】
bianco Brioni(ビアンコブリオーニ)専門店 "Brioni Maestro"誕生Story ~3067文字に込めた想い~

biancoBrioni(ビアンコブリオーニ)スーツ セール情報 【2014年11月5日版】




biancoBrioni専門店~Brioni Maestro~
ショップURL: http://www.shop-online.jp/biancobrioni/


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。